iPhone XR その1―久々の機種変更―

さて、久々の記事です。

うん、言い訳しません。

ネタに困ってました。

F1、DAZN解約したままでライブ視聴してないし。

そんな時にネタが出来たので久々に記事をup。

いやホントすみません。

そんなわけで久々のメイン回線の機種変更。

iPhone XR です。





iPhone6に機種変更したのが2015年5月だったので4年ぶりの機種変更

いやー、長く使ったな、iPhone6。

いえね、最初から不満だらけだったバッテリーと、
iOS11以降になってから電話の着信があってから画面上で応答操作出来るようになるまで数秒待たされて不在着信になっちゃったりと色々と実用面で問題ある不具合があってドコモのケータイ補償で交換してもらったりしたが全然改善されないんで……
常駐しているアプリが多すぎるとか原因を追及していけば解決しそうではあるんだけど、
5月末でドコモの機種購入サポートとdocomo withが終了するんで
良い機会かと思って機種変してみることにした。

いや、ホント、バッテリーと着信の問題以外は別に良いかなーって
思えるくらいに4年が経過した機種なのに優秀なのよ?


うん、バッテリーに関しては
iPhone 6s Smart Battery Case
とかモバイルバッテリーを持ち歩くとかしないと
1日使い続けるのが厳しいって欠陥品だったけどなぁ……

iPhone6sで改善されたけどバッテリー以外にも曲がりやすいとか
発売当時からボロクソに叩かれてたし。

でも、iPhone5sと揃って最新OSがサポートされるなど、
現役の格安Android機よりも性能が上だったしなぁ。

iPhone6s・7・8と新機種が出てきても機種変するほどの魅力を感じなかったし。


うむ。
そんなiPhone6も最新OS「iOS13」はサポート除外されるんだけどね。

iPhone8はメッチャ心が揺れた!

iPhone Xの登場で
発表当時はデカいと思っていたiPhone6と同等サイズなのに
今となっては「コンパクトスマホ」扱いのiPhone8

画面の大きさと片手で操作出来るサイズ感のバランスがちょうど良く、
iPhone6系の集大成と呼べる仕上がりになってるし。

iPhone XS・XS Max・XRの発表で
ホームボタンを備えるiPhoneとしてはiPhone 8が最新機種
となり、これまでコンパクト・格安価格帯を担っていた
iPhone SEに代わるポジションになって
今でもiPhone Xシリーズよりも売れているしなぁ。


Xシリーズはアレだよ、全般的に高過ぎ。
XS MaxのMac Book Pro並の価格とか、バカなの?

高性能なのはわかるよ?
有機ELで高精細で綺麗でこれ一台でなんでも出来る、
って高スペック過ぎる。

いや、世の中的にデジカメを超えるカメラ性能を求める人が居るのはわかるし、ライバル勢がそういう方向に来ていてプレミアム市場で生き残ると決めたAppleとしては高性能なiPhoneを出さざるを得ないって事情もわかるよ?

フラッグシップだもん、ライバルが超えられない性能じゃないと
陳腐化するし。

でも、iPhone SEに代わる格安機を出さないってバカなの?


いや、AppleとしてはSEに代わるポジションとして
XRを出したんだけど……


いやいや、XRってiPhone8の後継機のポジションでしょ?
XSとXS Maxの間のサイズって設定もおかしいし。


……そのXRを選んだ奴が言えたことか。


Phone 8と最後まで悩んだよ?
でもね、iPhone6を4年間使って今後同じくらい使う事を考えると
XRのスペックって魅力的なのよ。

iPhone8の性能を持つSEと同サイズの後継機が出てたらそっちに飛びついてたよ?

胸ポケットに収まるサイズで軽量コンパクトなSEってホント使いやすいのよ?

iPhone5sで不満だった点をiPhone6sと同等スペックに中身を入れ替えた事で全て改善してきているし。
iPhone7の中身に入れ替えたSE2の登場をどれ程待ち侘びたか。

全世界のiPhoneユーザーがSE2を待ち望んでいたのに、何故SEを消した、Appleぅ!


ドコモがSEをdocomo with入りさせてくれるのを願っている内に販売終了だったしなぁ。
で、iPhone7(32GB)のdocomo with入りにはビックリしたけどな。

これが64GB版っだったら今回の機種変で間違いなくiPhone7にしてたわ。
アプリを削っても32GBに抑えられなかったから泣く泣く諦めた。

まー、iPhone6と2台持ちにしてiPhone7(32GB)を電話・メールといくつかのアプリに用途を絞れば問題無かったんだけどなぁ。

それでも32GBの運用で一苦労しそうだったし。


うん。

機種変後もiPhone6はクリーンアップして「新しいiPhone」として一から設定し直して必要なアプリだけに絞って入れ直してみたんだけど

32GBの壁を突破しちゃうんだよねぇ……


あ、iPhone6を下取りに出さなかったんだ。


だって、ドコモで5,000円、買取で1万円くらいよ?

ケータイ補償で交換したんでバッテリーの健康状態はまだまだ良好だし。
……それでも1日保たないんだけど。

それなら手元に残しておいてiPod Touchとして運用した方がいいわ。
128GB版だから手持の音楽データ全部入れておけるし。

それに格安SIM挿してのモバイルルーターとしての運用が出来るし。
せっかく『iPhone 6s Smart Battery Case』があるんだし
モバイルルーターとして活躍し続けてもらいますよ。


で、クリーンアップして電話着信の問題は解決したの?


少しは改善されたけどね……
アプリを入れていくと同じ動作になるだろうし、機種変は仕方ないとは思うんだけども……




で、話を戻すぞ。

結局XRを選んだわけだな。


うむ。
サイズ的にメッチャ悩んだんだけどな……
iPhone Xと同サイズなら迷わなかったんだけど。

てかね、iPhone Xの価格をもっと下げようよ。
Xシリーズ全般で揃って高い中で型落ちしたXの価格をもっと下げようよ。

まー、ドコモ販売価格は10万円未満にすべきだよなぁ。
割賦払いの審査基準が10万円で変わるから、10万円を超える価格設定ってイヤらしいんだよな。
10万円以下ならXRを買ってね! って意思があからさま過ぎる。


Apple公式ストアで販売終了しているからキャリアの在庫品しか購入出来ない状況なので強気なんだよなぁ。

まー、XRはサイズ以外に大きな不満の無いし、Xと同等もしくはiPhone8と同等サイズならもっと売れてていい機種だし。

液晶でiPhone 8以上のバッテリー駆動時間を実現しないといけない上に高額過ぎるXS Maxに代わってiPhone8Plusのニーズも引き受ける必要があるからiPhone8Plus以上のバッテリー駆動時間を確保しないといけないからXSとXS Maxの中間サイズになった、って事情は読み取れるんだけど……

だったら、一緒にiPhone8SとSE2を用意しておけ、と。


そこは、ホームボタンの無いiPhoneに統一していきたいって意思表示なんだろうけどさ……

でも、iPadではホームボタンの「iPad Air」と「iPad mini」の新型出してきたよね?
iPad Proと明確に分けるようにしたよね?

だったらiPhoneでもFaceIDとTouchIDの2ラインあってもいいじゃない。


うん、日常の使い勝手ではFaceIDよりTouchIDの方が使い勝手が良い、って意見もあるしなぁ。

実際XRに機種変してからFaceIDの便利さを感じる面は確かにあるんだけど、
外出先での操作でいちいち顔を認識させないといけないのは無理があるんだよねぇ。

指紋認証だと手元操作だけで認証出来るし、スマホ決済の操作が楽なんだよね。


なんか次のiPhoneではOPPO R17みたいなディスプレイ指紋認証を搭載するとか噂が出ているし、TouchIDの使い勝手の良さが再評価されているんだよね。




その流れで8じゃなくXRを選ぶとか……!


イヤだって、ノッチ付液晶ってどんなのか興味あったし、
店頭でホットモックを操作してみて

「あれ、このサイズって慣れるんじゃね?
 6Plusの時ほど拒否反応が無いわ」

って思っちゃったんだよ。


うん、Plusのサイズは確かにデカすぎるって印象しか無かったもんなぁ。
6購入の際に全く考慮しないほどに、あのサイズにメリットを感じなかった。

片手で持ちにくいサイズであのサイズを耳元に持っていって通話するってちょっとなー。
街中でPlusを持っている人ってバンカーリングを使ってたし。
バンカーリング使ってない人はガラス面がバッキバキに割れた状態で使い続けていたりと、デザインの工夫をせずにただ単にデカくしただけのPlusは無いわーと思う。


8Plusの幅が78.1 mmだったのに対し、XS MAXが77.4 mm、XRが75.7 mmと小さくしてきているし。
わずかの差だけど店頭で触ると XS MAXの方がPlusより持ちやすいのよね。
78mmって超えたらアカンかったんや。




それ言ったら、ズルトラさんことXperia Z Ultraは幅92mmで「片手におさまる 大画面」言ってたんだけどなぁ。


いや、ズルトラさんは「通話出来るタブレット」だし。

コンパクトなタブレットとしてカメラ位置とか工夫されてたしー。

Plusのアカンかった点は通話出来るiPad」と割り切れなかった点だろうと思うのよ。

横画面対応などiPad寄りにはなってたけど、デザイン面では「デカいiPhone」でしか無かったし。
XS MaxがベゼルレスデザインになったのでiPad Pro寄りになっている面はあるけどねー。

店頭でiPhone8 Plusを展示してる店舗は減っているが、置いてある店舗でXS Maxと手に取って比べると何となくPlusのアカンところを感じ取ってもらえると思う。


XRに慣れるとPlusでもいけるかなー、とか思わんでもないが店頭で改めて8Plusを触ると やっぱり無いわー、って思うんよね。

表示領域の大きさではXRの大きさが圧倒的なので
この表示領域が無い状態でよくもまー4世代に渡って
Plusシリーズを続けてきたなーと。

ライバル機種の大画面はベゼルレス化に努力しているのに対し
iPhone6と同デザインでデカくしただけとか、もうね

デュアルレンズとかカメラ性能をウリにしていたけど、流石にねー


よし、そろそろPlusさんの悪口タイムは終わろうか?

iPhoneXR、使ってみてどうよ?


サイズ以外は大きな不満は無いわね。




左から順に

iPodTouch(3rd)
iPhone5s
iPhone6
iPhoneXR


と並べてみた。

iPodTouch(3rd)の外寸はiPhone3GSと同等として
iPhoneの主流機種がどれくらい大きくなってきたのかは
分かりやすいと思う。


iPhone4から5に変わった時には
縦長になったなーって感慨深かったが
今にしてみればiPhone4の小さい画面で
よく頑張ってたなーと感慨深い。

それよりもっと小さい
HTC TouchDiamond を使っていたんだけどもね。


いや、それ以前に国内初のスマートフォン
ウィルコム W-ZERO3
を使っていただろ。

そう考えるとXRなんて軽い軽い。
コンパクトでスゲー薄い。

はい、問題解決。


いや、あの弁当箱と比較するの!?
それはちょっと……


問題解決。


あっ、はい。

ということでiPhoneXRは中々良い。

iPhone6と大きく異なり
1日外で使っていてバッテリー切れの心配がないのは
とてもありがたい。


バッテリー容量が増えてるからなー。

そんなXRでも『Smart Battery Case』が用意されているんだけども……

いや、流石にXRに『Smart Battery Case』装着するくらいなら
モバイルバッテリー持ち歩くよね?


画像


デザイン的に下部の指を引っかける部分が無いからiPhone6用より使い勝手悪そうだなぁ。

うん、買うとしてもサードパーティー製のを買うし。
モバイルバッテリー買う方が使い勝手良いわ。


ケースといえばAppleが初めてクリアケースを用意してきたな。
サードパーティー製よりも透明度が高くてボディカラーの変色が抑え気味なのがオススメポイントだけど、
Lightningポートがある底面まではカバーしていないので
手を出さないが。




クリアケースとしてはドコモショップで販売されている「docomo select」のクリアケースが良いかな。
安いTPU製クリアケースの場合、レッドがピンクに見えてしまうので注意が必要。

多少ピンクに見えても良い、という方にはセリアのソフトケースが一番のオススメ。

108円だけにバリが気になるがストラップホールがあってフレーム部をフルカバーしてくれる。
落としても本体はしっかりガードしてくれるしTPU製で気になる経年での黄色化が発生しても108円なのですぐ買替えやすい。

液晶保護フィルムに関してはダイソーのフルカバーガラスフィルムがオススメ。

Amazonなどで販売されているフルカバータイプのガラスフィルムと同等なのに108円。

こちらも破損しても買替えやすい価格なのが嬉しい。


ちなみに、私は







って組み合わせにしているわ。

ハードケースの方がしっかりとガードしてくれる安心感があるし
薄くてリング付、となるとこれくらいしか選択肢が無かった。

ガラスフィルムはベゼル部を紅くしたかったからこれにした。


ケース無しでの運用も良いんだろうけど
流石に10万円近い価格のものをフル・フロンタルで持ち歩く自信が無い。

電車の中とかで画面がバッキバキに割れているのに使い続けている光景を見ているだけにカバー・ケース無しとかあり得ないわ。

ガラケーと違って画面が剥き出しなスマホさんですよ?

フル・フロンタルとかあり得ないわ。





ということで今回はiPhone XRへの機種変についての導入部でした。

次回はカメラについて

iPhone6から4年でどれくらいカメラ性能が向上しているのか
その辺りをメインに取り上げていきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック