Dell Venue 8 Pro その1~導入編~

さて、今回はDELL Venue 8 Proについてお送りします。




Intelモバイル用CPUとしてようやくまともなCPUになった
Bay Trail世代のAtom

GPUPowerVR系から
Core-iシリーズと同じIntel HDグラフィックス
になったのも大きい。

IntelとしてはXScale売却以後進めてきた
モバイルCPUの一つの山をようやく越えたわけで
ボチボチAtom採用のAndroidタブが出てきて
今年中盤以降にはAtomスマホが
出てくるんじゃないかなーってところで
話題となっているのがWindows8採用の8インチタブレット



特に日本では
艦これが動く格安タブレット
として注目を集めてます。

8インチタブレットの先駆けとなった
Acer Iconia W3
の発売から約半年、Bay Trail世代のAtomZ3740採用の機種が
各社から発売となりました。


Acer Iconia W4-820
東芝 dynabook Tab VT484
レノボ Miix 2 8
DELL Venue 8 Pro
ASUS Vivo Tab 8(1月24日発売)
レノボ ThinkPad 8(未発売)


で、TNRがこの度選んだのが……
DELL Venue 8 Proです。

なんでこれ選んだかって?

安かったんだよ!

Amazonのキャンペーンで
Sculpt Comfort Mouseとセットで
Ofiice2013 ホーム&ビジネス付で38,980円ですよ!?
中古のIconiaW3並みの価格ですよ?


それに、ワコム製じゃないけど
スタイラスペン対応ってのも
選んだ理由。

タブレットとはいえWindows、
やはり指タッチだけじゃ使いにくい。
ホバリングできるデジタイザは有ったほうが便利。

ワコムだとお絵かき用途にも使えるけど
8インチじゃお絵かき用途に向かないしいっかー
と思ってポチったんだ。


……だったんだけど


商品が届いた1月20日時点でペンが届いてねー!

遅延しまくりらしいが、
発表から発売まで時間あっただろうがー!
なんで用意出来てないんだよ、DELL!

その間に、第1四半期後半に発売とか言ってた
ASUS ViVoTab8が
発売しちゃっただろーがー!

ワコム製のスタイラスペン内蔵で出てきただろーがー!


ま、日本での発売価格が49,800円ってのは高すぎね?
ワコム代と10%ポイント還元があるって
割り切って買えばいいんだろうけどさぁ



Venue 8 Proなんですが、
去年11月22日予約、1月15日発売
ってスケジュールだったんだけど
途中でASUS ViVoTab8が発表され、
到着予定日が1月16日~18日だったのが
Amazonのステータス見てたら
ドンドン遅れていって、
「1月27日前後の入荷を予定」
って入荷遅延メールのあとに
「お届け予定日:2月6日~22日」
ってお知らせメールが来たんで
よし、キャンセルしようって
Amazonの発注ステータスを見に行ったら、
発送準備中
って表記になってた。

で、
「ASUSのは3月くらいでしょ?じゃあDellが発送されるのなら待ってるかなー」
って思って待ってたら20日に到着してた。

遅延メールはなんだったのか。
ひょっとして他の人がキャンセルしてその分が回ってきたのかな。


正直言うと……
もし発送がメールの通り2月に割り込んでたら
ASUS Vivo Tab 8に変更してた。

そうしてたほうが良かったのかなーって思いも正直ある。

第1四半期後半、って言ってたのが、
まさか1月24日発売って思わないよね?



画像と、購入までの経緯はこれまでにしておいて、
Venue8Proを見ていきましょう。

まずはパッケージ。
比較としてiPhone5sのパッケージを
並べてみたけどコンパクトです。
Officeはプロダクトキー記載の紙が
箱に貼り付けられていて内包じゃない。

メディアは無くてダウンロードする形です。
(メディアで欲しい人は有償対応)
商品ラインナップがOfficeの違いだけなんで
こうしておけば在庫管理しやすいんでしょうねぇ。


画像で、箱を開けるとiPadと同じように直で本体が現れます。


画像内包物は本体と充電器にUSBケーブルと
メモ程度のクイックスタートガイド
環境データシート。
スタートガイドって言っても
かなりシンプルな内容。
説明書は
サポートページからダウンロードしてね、
ってApple製品で慣れてれば問題無いんだけど、
PC初心者やWindows8が初めてって人は
戸惑うかもしれないなぁ。
ま、下手に紙が一杯入ってても
ゴミになるだけだし、Win8についても
ネットで情報集めればいいわけだしー。


あ、Windows8全般での注意点として、
最初のセットアップ時に
Microsoftアカウントでログインしないこと

ってのがある。
そうしないとMicrosoftアカウントで登録した名前で
ユーザーフォルダが作られてしまうので
ユーザーフォルダが日本語名になってしまう
可能性があるので。

詳しくはこの記事を読んでから
セットアップすること。

TNRの場合は半角英文字でユーザー名登録してるので
問題にはならなかったけど……


あと、ソフトウェアキーボードが
USキーボードのみになってるので
修正が必要。

ドライバの入れ替えのみで対応出来る場合と
レジストリいじらないといけない場合がある。

これはハードウェアキーボード付ノートや
Bluetoothキーボードでも問題になってる。

マイクロソフトがサポートで対応方法書いてるけど、いい加減OS側で対応してほしい。


画像本体の大きさはNexus 7より一回り大きいくらい。
カバーを付けたiPadと比較してみたらこんなかんじ。

外出時はこれに充電器とUSBケーブルで済むので
鞄の中での占有体積が
iPad miniやAndroidタブレットと同等で済む。

これは移動の多いビジネスマンにはありがたい。


画像本体の裏面は
同心円状の溝が入っていて持ちやすく滑りにくい。
ちなみに、このレッドのボディも
Venue8Proを選んだ理由でもある。

他のメーカーのは黒ばっかだし。
あ、DynabookTabはシャンパンカラーだけど。


画像で、今回の使用では
Sculpt Comfort MouseとiPhone4用に以前購入した
サンワサプライのSKB-BT12BKとの
組み合わせで運用しようと思ってたけど、
キーボード内蔵のスタンドではVenue8Proを支えきれず、
別途スタンドを用意するか
スタンドになるカバーを用意する必要がある。

あと、液晶が光沢仕様
ハッキリ言って見づらい
とりあえずKindleFireHDX8.9用の反射防止フィルムを加工して貼っている。

別途、Venue8Pro用フィルムを発注した。
もちろん反射防止タイプ。


てか、なんで光沢仕様にするんだ?
使い勝手悪いだろ……




ってことで、長くなったので今回はここまで。
次回は実際の使い勝手とかベンチとかお送りしたいなーっと。

艦これベンチは……他でやってるし、別のをやってみようかと。




NEXT…Dell Venue 8 Pro その2~起動編~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ASUS VivoTab Note 8 その1~Venue8Proと比較しながら考察してみた~

    Excerpt: 【Amazon.co.jp限定】 ASUS NB / black ( WIN8.1 32B.JP / 8.0 inch TOUCH / Z3740 / 2G / 64G EMMC / person.. Weblog: TNR☆Freeトーク! racked: 2014-03-12 19:49
  • Dell Venue 8 Pro その2~起動編~

    Excerpt: さて、今回も引き続きDell Venue 8 Proについてお送りします。 Weblog: TNR☆Freeトーク! racked: 2014-03-23 19:52
  • 格安Windows8.1PCについて

    Excerpt: さて、今回はBayTrail Win8タブが各社から発売されて1年が経過し、 以前にお送りしたオススメピックナップが時代遅れになったので 新たに現状でのオススメ品を紹介していきます。 Weblog: T.N.R.★フリートーク! racked: 2015-02-14 16:49

最近のコメント

過去ログ