TN-Rのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタ アクア(2016)

<<   作成日時 : 2016/06/01 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて今回もレンタカー。

マイナーチェンジしてブラッシュアップしてきた
トヨタ『アクア』です。




久々にトヨタHV乗ったんだけど
以前ちょい乗りした2代目『プリウス』とは別物の走りだっただろ。

以前『プリウス』をこき下ろした奴と思えない感想だな。

いえね?
以前のトヨタハイブリッドシステムって
アクセルワークと速度変化にすごく違和感あったのよ。

でも『アクア』ではその辺は払拭されていて
正直
「なんじゃこの面白いクルマは!」
と驚いただろ。

面白い?

うむ。
アクセル操作に素直に反応してくれて
軽量なボディと低重心を活かして
一人乗りでは運転していてそれなりに楽しかっただろ。

トヨタハイブリッド特有の電気式CVT( 遊星歯車)がな、
以前のものに比べて別物かと思っただろ。
アクセルの踏み出しに対して素直に加速していくし。
エンジン音と速度上昇の違和感とか普通のCVT車と比べると
全然違和感を感じない。
この電気式CVTを味わうと普通のCVTには戻れないだろ。

アクセルを離すと回生が始まるので
CVT車で感じるエンジンブレーキの弱さを感じない。
下り坂でも適度にエンジンブレーキがかかるので
フットブレーキは適度に踏むだけでいい。
普通のCVT車で感じる、
『マニュアル変速とかシフト操作の必要性』
を全く感じなかっただろ。

もう少しわかりやすい表現をすれば、だ。
『トルコンATみたい』という感じかな。

ベタ褒めだな。

うん、ベタ褒め。
同じトヨタの『ヴォクシー』のCVTとか前回の『N-BOX』のCVTで
エンジンブレーキが残念だっただけに余計にな。

『N-BOX』では違和感ありまくりだったアイドリングストップ、
『アクア』ではハイブリッドシステムを有効活用しているので
停止も再起動も違和感が無い。

エンジン再起動時にエンジンの振動が全く無いし
EV走行からエンジンへの切換も
モーター直結だけにスムーズ。

これを体感したら燃費とかエコとか関係無しに
トヨタハイブリッドカーを選びたくなるのも納得だろ。

操作系ではプリウスシリーズ特有の
楕円ハンドルが操作しやすかっただろ。

そしてシフトレバー
『プリウス』やホンダHVで採用されている
独特のセレクター形式ではなく
普通のAT車と同じゲート式で操作に慣れやすいのも好感だろ。




『アクア』カローラアクシオHV
ゲート式なんだよな。
操作ミスとか防げるしゲート式はありがたいな。

『プリウス』などの慣れるまで違和感のある
セレクター形式
ホンダの上級モデルで採用され始めた
ボタン式が先進性感じるし
「運転中に操作する必要は無い」
と言い切るには打って付けのアイテムなんだけどな。

『プリウス』のセレクター形式は
時々コンビニなどに突っ込んでいる事故の
原因の一つじゃないかなー
とオレは疑っているし。

お年寄りとか運転に不慣れな人に
あのセレクターは不親切だよ。

他にいってみると……
内装では座席スペースなどはベースとなったヴィッツ
似たようなものだろ。
後部座席は大人2人分くらいの幅なのも
『ヴィッツ』ベースを感じさせるだろ。
それでも『フィット』と比べなければ十分な広さだし
デミオより広いだろ。

ラゲッジスペースも十分広い。
後部座席の快適性や更なるトランクスペースを求めるなら
『カローラアクシオ/フィールダーHV』
を選べばいいわけだしな。

後部座席
ラゲッジスペース


ライバルとなるのが
ホンダフィットHV/シャトルHV/グレイスHV』
なわけだけど……
現状は『アクア/カローラアクシオHV/フィールダーHV』
が上かな。

ミッション形式では『フィット』の7速DCTが面白いんだけど
内製じゃない故だろうが熟成不足というか……
わざわざHVモデル選ぶ強みが、ねぇ……

対する『アクア』はHVじゃなきゃ!
って思わせる熟成度があるだろ。

『2代目プリウス』ベースのユニットでこれなのに
『4代目プリウス』はどんなことになってるんだろ。




なんかハイブリッドシステム中心のレポになったけど
面白い、と思った走りなんだが。

『ヴィッツ』との比較になるが足回りのセッティングは
かなり熟成されていると感じただろ。

これが結構適度な硬さになっててな、
トヨタらしくない、マツダとホンダの間くらい
という表現が近いかな。
クイックな感じなんだよ。

HVシステムの重量の影響もあるんだろうが
コンパクトカー特有の走行時の段差等での突き上げ感は
少なかっただろ。
小回りも利くし細い路地でも運転しやすかった。

ハイブリッド、ってことを忘れてエンジン音とか気にしないで
走っていると山道とか面白そうだなーと感じただろ。

最近の車の傾向として
フロントバンパーの車両感覚が掴みづらい、
という欠点は強く感じたけれども
一度車両前方にカラーコーンを
置くなりして距離感を掴めば問題には
ならないだろう。

トヨタHV特有の、『EVモード』についても試してみたが
ゆっくりと発車する分には滑らかで
「あぁ、EVってこういう走りなんだ」
と体感出来る。

しかし、少しアクセルを踏み込めばすぐにエンジンスタートして
アクセルに合わせた加速を開始する。

EVモードやHVらしさへの拘り無しにアクセルを踏み込めば
エンジンが仕事してくれる。
特にHVだから、という先入観無しに運転出来るのは
素晴らしいだろ。

回生ブレーキについても
「あ、今回生してるんだ」
「ブレーキペダルを踏み込んだ以上に減速する」
という回生ブレーキにありがちな違和感は感じなかっただろ。

この辺りは初期型『アクア』では違和感があったようなので
トヨタが熟成を進めてきた結果、なのだろう。

うわー、ベタ褒め過ぎるわー

マイナス点も上げておこうか?

まずは後席の頭上スペース
空力性能を求めた結果なんだろうがルーフを下げすぎ
座高の高い人には正直辛い。
『ヴィッツ』と同等の頭上スペースは確保してほしかっただろ。

居住性を追い求める車じゃないのはわかってるんだけど
短距離でも大人が座るのには向かない空間だろ。

そういう人のための
『カローラアクシオ/フィールダー HV』
だろ?

まーそうなんだけど……
販売店がカローラ店に限られるし、年代によっては
「カローラぁ?」
って人も居るだろ?

カローラ店以外用として

アクアセダン/ワゴン

を用意してもいいんじゃないかな
とか思うだろ。

カローラ、と言っても実質
『ヴィッツセダン/ワゴン』だし
販売戦略として『アクアセダン/ワゴン』
があってもいいと思うんだ。

で、他にもシートベルトについても文句。

フロントシートベルトアンカーの上下調整機構が省略
されていて
座高高い人とかシートを高く設定する人とか軽視してないか?

コストカットの一環なんだろうが
今時のクルマとしては残念に思えただろ。



コストカットという点は他にも見えているだろ。

アクセルペダルなんだけど……
まるで一昔前の外車のようなアームの曲げ方なんだよなぁ



タイヤハウスとの位置関係もあるんだけど
『カローラアクシオ/フィールダー』と共通なんだよな、これ。

アクセルを踏んでいくとペダルの角度変化に違和感があって
足裏とペダルの位置関係のズレが微妙にあっただろ。

本来ならもう少し右寄りにすべきなんだよな
アクセル・ブレーキ共に。

気にならない人は気にならないんだろうけど
オルガンペダルを採用してる
『デミオ』並、ってのは難しいとしても
『フィット』並のペダル位置には仕上げてほしかっただろ。




とまぁ……
総括すると
『トヨタ買うならHV』
ってなる理由がよくわかった。

そんなクルマだっただろ。

CVTは『ヴォクシー』で感じた

「エンジンブレーキ、仕事しろ」(『』レンジへシフトチェンジ)

が一切無く多段式AT以外のAT車、としての選択肢なら
選んでいいかなーと思っただろ。
CVTの欠点を補う手段としてのHV
と捉えるといいだろ。

トヨタハイブリッドに文句言ってた人達は
一度最新のトヨタハイブリッドシステムを体感して貰いたい。

まー、高速ばっかり走る人には恩恵無いのは変わりないんだけど。

エンジン出力メインになるからHVである必要性は
無いからな。

発進時の排ガスを抑えられるなど燃費以外のメリットは
大きいと思う。

『エコ』『燃費』
という点ばかりに目が行きやすいHVだけど
それ以外のメリットに目を向けて選択するのが
良いと思うぞ。
燃費を考えるとガソリン車との差額をペイするのは
難しいし。


『エコ』って点でも
『TopGear』で散々ネタにされてるけど
普通車よりも大量のバッテリーを搭載するHV・EVは
製造・廃棄を考えると結構な環境負荷だし。
PHEV・EVは電気の製造は発電所から送電されてくる電気に
頼らざるを得ないわけで発電時の負荷や送電ロスに目を瞑って
『エコ』言ってるだけだしな。

なので
『エコ』『燃費』
に捕らわれずに他のメリットを見出して
通常動力の車と比較するのが良いと思う。

 モーターによる加速時の+パワーで HV
 非常時の電源になるから PHEV
 走行圏は限られているので EV
 高速走行メインなので ディーゼル
 オールマイティーに使うので ガソリン

と用途を含めると良いだろう。


今回の主旨は
『ハイブリッドカーでもドライビングを楽しめる』
って点だからな。
だからわざわざ燃費については取り上げなかったし。
ちなみに、燃費とか意識しないで走ったので
今回の燃費は20Km/Lだっただろ。



次は『フィットHV』をじっくりと試乗してみたいけど
レンタカー中々無いんだよなぁ……

ディーラーに行ってもいいんだけど
近くのホンダカーズって
営業担当が微妙なんだよなぁ……


ニューモデル速報 統括シリーズ 2016年 コンパクトカーのすべて
三栄書房
2015-10-16
三栄書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニューモデル速報 統括シリーズ 2016年 コンパクトカーのすべて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
次はリーフやBMWのシフトレバーに挑戦だ
メイヨール
2016/06/03 00:56
どっちもディーラー試乗しないといけないじゃないですかー
T.N.R.
2016/07/27 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
トヨタ アクア(2016) TN-Rのつぶやき /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる