TN-Rのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ASUS VivoTab Note 8 その2〜デジタイザペンとカメラを使ってみた〜

<<   作成日時 : 2014/03/20 01:00   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 3 / コメント 3

○前回 補足その1 〜充電ランプについて〜






>Venue8のmicroUSB差込み口の横には充電ランプがあるんだけど
>VivoTab8にはこれがない。
>充電状況の確認はWindowsのバッテリー表示に頼るしかない

    ↓
小さいけどランプあるよとの2ちゃんカキコ

マジかよ、どこだよ探しても見つかんないんだけど……
ん?電源ボタンのとこに小さな……


比較写真
充電前 電源ボタン
画像
充電中
画像






わかるかー!ちっさいわー!
なんだよこれ!
いや発想としてはアリなんだけどわかるかー!
一度存在を認識すればわかるけど、
白色LEDがUSB端子横で点灯してくれる
Venue8Proのほうが親切
だお!




○前回 補足その2 〜初期ディスク容量〜

前回書き忘れていた、ディスクの初期容量について。
画像


空き容量:35.8GB/全容量:49.1GBと、
全容量:52.0GBだったVenue8Proに比べて
全容量が少ないがこれはOffice2013の
インストールデータの有無によるものだと
思われる。
Venue8Proでは
プロダクトキー記載用紙の添付のみで
インストールデータはダウンロードする
という提供方法であったが、
VivoTab note8では
プリインストールされている状態だった。
その分、リカバリ領域を喰っている、
と思われる。
使用済容量はVenue8Proが
一太郎・ATOKインストール後であるので
それを除けば初期使用済容量は
ほぼ同じ13GB、といったところだろう。


ってことは、
初期使用済
13GB+リカバリ領域(Office込) 約10GB=約23GB
が初期状態で使われている
こと
になり、32GBモデルは9〜10GBの空き容量しかない、
ってことか……?

日本での32GBモデルはリカバリ用microSDが
同梱されてるのでリカバリ領域が無いとしても
16~17GBの空きってこと?


それってmicroSD挿すこと前提ってことになるよね!?
素人が手を出していいモデルじゃないよね?
それでいいの?32GBモデル取扱店!
いや、格安モデルとしての設定はわかるんだけど、
WinXP機からの買い替えを検討している若い夫婦が店頭で32GBモデル見ながら

「安いよね。小さいし今のノートより場所取らないし、これでもいいよね」
「スマホあるしー別にこれでいいっしょ。Officeも付いてるからいいんじゃね?」


ってAMD A4搭載ノートと比較検討している光景を
見ちゃったんですけど……

いや、アプリとかあまりインストールしない人には
充分だけどさ!



ってことで、前回記事の補足、でした。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――
―――――――――
――――

……さて、ここから今回のネタ。

今回はViVo Tab note8最大のウリ
ワコムのデジタイザペン
DellVenue8Proより大きめのレンズを搭載してる
背面カメラについて。


ホントはVenueのスタイラスペンとの比較とかも
やってみたかったけど
既にVenueは旅だったのだ……
まだスタイラスペン届かねぇ。
売却先に渡す予定なのでキャンセルしてないけど
いつになったら販売再開するの?Dell


で、ViVoTab note8採用のワコムのペン、
やはり静電容量式タッチパネル用のペンとは異なり
ポインターが出て細かいタッチが出来るのと
「ホバリング」が出来るのでマウスのような操作もしやすいお。

そしてペン先が画面に近づき、ポインターが出現している間、
手が画面に触れても反応しないので
文字や絵を紙に書くように手を置いて書けるので使いやすいお。

便利すぎてWin8.1タブレットでは必須じゃね?と思えるお。

そして、ワコム、といえばやはりお絵描きだおね。


しかし、Windows標準の「TabletPC API」ドライバはワコムのペンタブレットや液晶モニタで使われている
WinTabAPI」ドライバとは異なり、
対応アプリが限られている。
対応アプリじゃないと筆圧検知が無効で
ワコムデジタイザの意味が無い。
WinTabAPI」を無理矢理
入れるという手段もあるがポインタ位置がズレまくるようだ。
報告してくれている他のブログによると
パネルの向きが90°違うせいらしい。

ワコムアメリカ法人ViVoTab note8用WinTabAPIドライバの開発を表明してくれているので
それまでは「TabletPC API」対応アプリでの利用となる。

対応アプリの主なモノとしては……


MicrosoftOneNote2013」(無料になりました)
MicrosoftOneNote(Windowsストア版)
セルシス CLIP STUDIO PAINT
SAI2(テスト版)



といったところか。

WinTabAPI」対応アプリの筆頭、「Adobe Photoshop」については
VAIO Tap11VAIO Duo13付属の「Photoshop Elements12」用の
筆圧検知対応アップデート配布予定なので「Photoshop」が「TabretPC API」に対応してくる可能性がある。


TabletPC API」対応デジタイザは
VAIOが採用している「N-trig
DellがVenueに採用してきた「Synaptics
と対応メーカーがボチボチ出てきているので次第に「TabletPC API」が主流になるかもしれない……
けど、VAIO新会社が果たして「N-trig」を継続採用するのか、
「Synaptics」はVenueでの生産停止などのトラブルを乗り切れるのか、
今後の見通しが怪しいんだが……


どちらもペンに単6電池を内蔵して
給電しないとダメな形式なので
ペンが重くなるデメリットがあるが
その分ワコム形式に比べて
液晶パネルを薄く出来るメリットがあるので
デジタイザ振興のためには
頑張って貰いたいところだけど……

ワコムだとペンの汎用性があるので
出来ればワコム形式での統一を
図って欲しい……


で、今回は「TabletPC API」対応の「CLIP STUDIO PAINT」で落書きしてみた。


画像



今回は色塗りまではしてないのと
解像度を低めで描いてみたので
動作の重さまでは感じなかったが
1280×800の画面サイズの制約で
ツール類が使いにくい、という点以外は
結構使えるかな。

画面端にペンを持っていくと
検知位置のズレが発生するので
端まで使わないように気を付ければ
問題無く描いていけた。

レイヤーを増やして解像度を上げていくと
処理が重くなるだろうが
ラフとペン入れくらいなら問題無く出来そう。

色塗りはデータを移動させて
デスクトップPCで作業すれば解決出来るので
VivoTab note8の能力を割り切っていけば
いいだろう。


TNRが初めて購入した液晶タブレット付PC、「VAIO LX」のスペックと比較すれば
圧倒的にVivoTab note8のほうが性能高いので使い方次第なんだおね……
14年前のPCと比較するのもなんだけどさ……
VivoTab note8についてはワコムのペンを発注してるので届き次第、比較しながらレポしていきますお。
OneNoteが無料になったのでiPadとの連携とかもやってみたいし。




で、次、次。
VivoTab note8のカメラについて。


スペックを見ると500万画素と
DellVenue8Proと同等なので
あまり期待は出来ないんだが、
Vivoのほうがレンズのサイズが大きいので
ちょっと期待してみて撮影してみたお。


左:Venue8Pro 右:VivoTab note8



撮影アプリとしてはVenueでも利用したWin8.1標準カメラアプリ以外にASUS製のカメラアプリも用意されているお。
でも、ASUS製アプリがイマイチ安定しない(カメラの映像を表示しないで点滅を繰り返す)ので
標準アプリでの撮影をしてみたんだけど……


あれ?Venueでは画面タッチ→ピントが固定されずに
即撮影
、ってとんでも仕様だったのが
Vivoでは画面タッチ→タッチしたとこにピント合わせ
って普通の動作になってるお。
あれ?これが標準カメラアプリの普通の動作なの?
じゃあVenueは何故あんなとんでも仕様に……?
ドライバの問題か?


で、カメラの撮影具合だけど……
ピント合わせがしやすい以外はあんまり変わり無いな……


画像


参考:Venue8Proで撮影
画像



パノラマ合成の精度が
Venueよりもいいのは
搭載センサーの違いかな?
VivoはGPS搭載してるし、
コンパスとジャイロの性能が
いいのかもしれないおね……


画像


参考:Venue8Pro
画像



これくらいの合成ならプレゼン用に使えるかな。


動画については……
うーん、明るすぎて白飛びしてるなぁ。
画質調整してから撮影すればいいんだろうが
そんなことしている間にスマホで撮影するわなぁ……





あー、レンズが大きくなってるから
ちょっと期待していたんだけど……
うーん、やはり手元の資料撮影くらいの用途しか
想定してないんだろうなぁ




と、いったことで今回はデジタイザとカメラ、前回の補足をお送りしました。

Venue8Proの回でも書いたように、同じタブレットとはいえ
iOS・Android機とは作法も用途も異なってきます。

Win8.1が従来のマウス・キーボード運用前提のOSであることと
Microsoftがタブレットについて理解しきれてないのも理由でしょう。

今後WindowsPhone8とWinRTとの統合ModernUIのブラッシュアップで
使い勝手は変わってくるでしょうが
「Win8.1タブがあるから他のタブレットは要らない」
ってことにはならないでしょう。

デジタイザペンについては何度も書いてきたんですが
やはりWindowsを指タッチだけで運用、ってのには無理があります。
それを補うのにはやはりデジタイザペンが必要となります。

もしくは、VAIO UXのようなマウススティックの搭載が必要でしょう。

うーん、8インチWinタブのフォーマット使ってVAIO UXを出せば売れると思うんだけどなぁ。
……主に日本で。

NEXT…ASUS VivoTab Note 8 その3〜オプション・周辺機器について〜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ASUS VivoTab Note 8 その1〜Venue8Proと比較しながら考察してみた〜
【Amazon.co.jp限定】 ASUS NB / black ( WIN8.1 32B.JP / 8.0 inch TOUCH / Z3740 / 2G / 64G EMMC / personal 2013 / BT4.0 / スリーブ付属 ) M80TA-DL004HSAsustek 2014-03-01 Amazonアソシエイト by ...続きを見る
TNR☆Freeトーク!
2014/03/23 19:56
ASUS ViVoTab Note8 その9 〜実質値下げ版がktkr〜
8インチWinタブとしての後継機、「VivoTab8」が発売されて ワコムデジタイザペン対応の「ViVoTab Note8」の新品入手が困難になって 幾星霜… ...続きを見る
T.N.R.★フリートーク!
2015/02/14 10:21
ASUS ViVoTab Note8 その10 〜修理は保証期間中に〜
さて今回は… ASUS ViVoTab Note8の 「保証期間終了後の修理だとどれくらい費用がかかるか?」 について。 ...続きを見る
T.N.R.★フリートーク!
2015/08/05 14:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
Venue8について書かれていたので一言。当時とは状況が違うのでしょうが venue8でもフォーカス→撮影もできましたよ。オプションから変更できました。
通りすガリ
2014/06/19 19:30
通りすガリさん
コメントありがとうございます。
ひょっとしたらアップデートがあったのかもしれません。
TNR
2014/06/22 11:43
姫路城だ!
元ひめじっこ
2017/07/21 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ASUS VivoTab Note 8 その2〜デジタイザペンとカメラを使ってみた〜 TN-Rのつぶやき /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる